海洋汚染の原因の大半が海洋ごみによる汚染です。海洋ごみの中でも特に深刻なのは海洋プラスチックごみで、生物や環境に多大な影響を与えるものもあり、そのほとんどは、人の日常の暮らしから発生したものばかりです。

海洋生物への影響

海洋汚染により住みづらい環境ができてしまったことで、ごみや油、化学物質を取り込み死んでしまう生物も少なくありません。また、海洋汚染により産卵に適した場所が減ってしまったこともその数を減らす原因になっています。

海洋生物が減少するということは漁業に直接的あるいは間接的に響いてくるのです。

海洋プラスチックごみは海を脅かし、そこで生きる魚類や海洋生物の生態系へ悪影響を引き起こしています。

最近では、レジ袋の有料化に伴い、海洋プラスチックごみの元となるプラスチック、特に「使い捨て用プラスチック」の利用自体を減らしていく動きが活発になっています。ひとりひとりの意識も高まり、減りつつあるかもしれませんが、現在残された海洋プラスチックごみが消えることはありません。

当協会では水中ドローンを活用して、海域の調査によって得られたデータを元に、地域内で課題を共有し、継続的な改善活動と効果の観察のための動機づけを行っていきます。

TOP